早稲田 主将ご挨拶

はじめに、第88回早慶レガッタが無事敢行されるに当たり、ご尽力いただきました両校OB・OGの皆様、並びに大会関係者の皆様に現役部員一同を代表しまして、心より感謝申し上げます。

 入部してからの3回の早慶戦、3年前の早稲田対校エイトの沈没、2年前の9年ぶりとなる早稲田完全優勝、そして昨年の完全優勝連覇、どれもついこの間の事のように思い出されます。特に3年前のことは鮮明に記憶に焼き付いています。荒天でレースの中止を余儀なくされた第二エイト、沈没してしまった対抗エイトの先輩方の涙する姿を見て、荒れる隅田川で行われる早慶レガッタの厳しさを実感するとともに、「自分は絶対にこの舞台を漕ぎ切って勝ってみせるんだ」と入部したての新米ながら心に誓ったことを覚えています。

 そして今年、本学漕艇部は多くの先輩方の闘志を受け継ぎ、早慶レガッタ完全優勝「三連覇」を目指す立場にあります。かかる期待と重圧は生半可なものではありません。しかし、私たち早稲田はあくまでも、王者や勝者ではなく「挑戦者」、敬愛する伊藤前主将の言葉を借りるなら「最強のチャレンジャー」として勝負する姿にこだわりたいと思います。「挑戦者」として失敗を恐れず、貪欲に勝利を追い求めていく所存です。

 この早慶レガッタでの栄光を掴むべく、今冬は全部員が知恵を絞り創意工夫をしてきました。「決して優れた才能のものばかりでない我々が、どうすれば勝利を手にできるか?」ということに立ち返り、練習をイチから見直すことは勿論、食事や生活環境の改善・管理も徹底してきました。選手・マネージャー・トレーナーと役職の垣根を超え、お互いを鼓舞し切磋琢磨してきた今、チームの団結力は過去最高のものであると自負しています。この冬磨きあげてきた、一味違った早稲田の姿をレースでお見せしたいと思います。

 最後に、隅田川という最高の舞台を用意してくださったすべての皆様、そして素晴らしいライバルである慶應義塾大学の現役部員の皆様に改めて感謝と敬意を表し、挨拶とさせていただきます。熱い応援をどうぞ宜しくお願い致します。

wasedacap