慶應義塾 主将ご挨拶

まず始めに、第88回早慶レガッタが隅田川で開催されるにあたり、ご尽力いただきました諸先輩、ならびに大会関係者の皆様に、部員一同を代表いたしまして厚く御礼申し上げます。

ただ今慶應義塾は2年連続対校、第二、女子の3種目で敗北を喫しております。 昨年、一昨年と自分自身も対校として勝利を勝ち取ることができず、シーズン初戦となる早慶レガッタの重要性を痛感致しました。今年は最重要レース である全日本選手権が、早慶レガッタの翌月5月に行われるため、例年以上に本日の勝利を絶対的なものにしなければなりません。我々は練習内容から生活面において、全ての見直しを皆で行い、勝利につなげる大きな改革をしてきました。

まずは、「乗艇期間の拡大」です。例年、11月の全日本新人選手権から2月の早慶戦合宿までの冬期は、「陸トレ期間」として、日吉で1モーションの陸上トレーニングを行っておりましたが、本年度は、希望者は平日も引き続き合宿、「乗艇期間」としました。午前練習ではペア、シングルを中心とした小艇で長距離を漕ぎこみ、個人の技術向上に取り組んで参りました。また、フィジカル面では、フランス代表が実施する「高負荷サーキットトレーニングc2」を導入し、ボートに特化したフィットネスを高め、早慶戦から夏まで闘い抜ける体づくりをして参りました。

更に、例年以上に質、量ともに高いハードな練習に耐え抜くため、「栄養面の見直し」を行いました。堀主務を中心にマネージャー陣が、アスリートに必要な栄養素を含み、且つ練習後にも食のすすむ、非常に美味しい料理を提供してくれることで、身体も変わって参りました。

宮嵜副将、本多合宿所長を中心に進めている「勝つ艇庫」作りは、部員の気持ちと集中力を明らかに高めてくれています。

また、実業団強豪チームの明治安田生命様に、合同練習や艇庫見学をさせていただき、艇庫の艇備品管理方法、リギング技術や精度の高いキャッチ技術など、多くを勉強させていただきました。

いよいよ、改革の成果をお見せする時が参りました。
当日は、慶應の「意地」のローイングを、慶應の「勝利」を披露いたします。

 クルー一同、全身全霊をかけて、3750mを漕ぎ抜くことをここに誓い、挨拶とさせていただきます。

yuta-arai